103

COVID-19対策とそれを阻む面倒くささ

COVID-19対策、現在の態度としては、とにかくなるべく感染しない期間を長くするということ。昨日は大丈夫だった、今日も大丈夫だった、明日も・・と1日ずつ感染しない日を増やしていくだけ。で、家族にもそれを求める。

最終的には風邪と同様に、「一生罹患しないなんて無理」という感じでどっかでかかるとは思ってる。でもそれをなるべく後回しにできるように、ということ。

いま病院に行っても、ろくなサービスを受けられないはず。とにかくそれを避けたい。マスクもないし。マスクがなくても家を出なければ使わずに済む。家を出なくても済むようにあれこれ調整する。幸いそれをやりやすい環境ではあるし。
ちなみに、家にいる間も定期的に手を洗ってる。たまたま触らずに済んでいたウイルスをどの時点で触ってしまうかわからないから。家の中にはつねに外から持ち込んだものがあるから。

自分にできる貢献はとりあえずそのぐらいかなと。なるべく家を出ない、そしてなるべく後に罹患する。

ところで、よく手洗いに関する案内で、数十秒なり数分なりの時間を指定しているものがあるけど、あれがよくわからない。自分の場合、ゆうにその程度の時間は洗ってる。たとえば15秒とか30秒ではとても終わらない。何分も洗ってる。
それで思うのは、世の中には手を洗うのが面倒とか、その時間が無駄に感じられて仕方ないとか、早く終わってほしい、とか思う人が少なくないのだろうということ。気持ちはわからなくもない。風呂が嫌いな人、歯を磨くのが嫌な人、皿洗いをしたくない人、いろいろいる(どれも実際に見聞きしたことがある)。きっと、そのバリエーションなのだろう。ちなみにぼくは爪を切るのがすごく嫌で、それは切るのが下手とか深爪が怖いとかではなくて、切ってる時間がもったいない、もどかしい、その時間が無駄だと思ってしまうから。なんとなく、それと同じなのかなと思う。

逆に手を洗ったり歯を磨いたりするのはむしろ好きというか、心地よいリラックスタイムなのだが、爪切りはそうではない、というのが自分でも不思議なところではある。手洗いが嫌いな人(一刻も早く終わらせて次のことをやりたいと思う人?)との共通性があるのでは、と思うが、その共通した部分のさらに根源・理由に何があるのか、というのが今ひとつわからない。

布マスク2枚

このところはCOVID-19に関する話題が多くなっていて、ぼくもまた、主にはTwitterでこれに関するあれこれを書いていた。
というか、これに関する政府、首相等の挙動について書いていたのだったか。

とにかく、馬鹿すぎる、とよく思った。なぜここまで、と。しかし、ある意味では仕方がない。なにしろこれまで、こんな政府じゃ駄目だ、と僕自身はほとんど言ってこなかった。どちらかといえば、肯定的に許容してきたとさえ言える。しかし、これ以上これを許容しちゃ駄目だ、ほんのわずかであっても、自分の声を上げて、ここに反対している人間がいるのだと知らせなければ、と思うようになった。
(そのように思うようになった理由はCOVID-19だけではない。しかし本題から離れるのでここではその話はしない)

それでいろいろ政府の動向を目にしては「アホか」ということを言っていたが、極めつけと思えるのが*1、布マスク2枚を日本の全世帯に配るという話で、これには唖然とした。

このマスク、布製につき、医療的にはなんの効果もない。何しろ日本医師会のお墨付きで効果がない。

digital.asahi.com

つまり、これは専門家による進言でもなければ、そもそもそういう相談すらしていない。にもかかわらず、その形ばかりの布製の何かを全国のすべての世帯に配るわけで、ものすごい労力と資金、そして時間がかかることになる。何よりも悪いのは、「本来ならば別の業務を進めていたはずの人々がその業務にあたる」ということで、この中には、もっと重要なタスクを予定していた人が多く含まれるに違いないということだ。

言い換えれば、元々予定されていた仕事が後回しになり、この馬鹿げた行為が膨大な人々を動員して行われる。それによって、その動員された人たちの収入が増えるわけでもない。というか、本来収入につながっていたはずの業務が後回しになるわけで、その予定されていた業務の向こうにいた人々が受け取ったはずの何かも次々後回しになっていき、関わるすべてが遅滞・延滞・停滞していく*2。そしてそのような不利益の代わりに得られるのが、ウイルス防止の効果がほとんどない布マスク、それも1世帯につき、2枚だけのそれである。

しかもその布マスク、じつはものすごい貴重なもので、政府からいただかなければ二度と手に入らないようなものならまだしも、そういうものではもちろんない。何しろウイルス防止の役には立たないのだ。なぜ配る?なぜ、国民がそれを必要だと思っていると思った?それも、2枚?1世帯で?
ウイルス防止の役に立たない、マスクの形をした布製の何かでよいのであれば、皆が家で手作りすればいいのではないだろうか。実際、裁縫ができる人や各種団体、メーカーなどはそういうものを作っている。いや裁縫すら不要で、輪ゴムとハンカチで作っている人だっている。そういうのでいいのでは?なぜ税金を使ってまで、ものすごいコストをかけてまで、元々予定されていた業務をストップしてまで、そんなものを配るのだろう?その金、本当に別のことに使ってほしい。どこまで馬鹿なんだろうか。

いや、間違えるのはいい。誰だって判断は誤る。僕だってそうだ。しかし最も馬鹿なやつは、自分の誤りを直せないやつだ。その間違いを認められないやつだ。間違った経緯を隠すやつだ。さて、今の首相や政府がこの間違いを修正できるだろうか。撤回できるだろうか。もしできたなら、それは正面から評価する。

そのコスト、その金・労力・時間の100分の1でも使えば、この国に住む一人ひとりが、本来必要なマスクを適切に購入できない中で、どのような対応をすればそれでもしのいでいけるのか、研究し、その成果を広く啓蒙することだってできるだろう。そういうことにリソースを使うべきだ。それをすべきだ。

たとえば、こんなふうに。
www.itmedia.co.jp

ちなみに、このような「布マスク施策は馬鹿すぎる」という声に対して「それ以外にもいろいろやっている」という擁護もあるようだ。なるほど、そうなのだろう。というか、布マスクだけだったら別の意味で問題だろう。でもそれだったら、とりあえず布マスクをやめて、他に進めている意義あることをどんどんやればいいだけだ。布マスク以外の施策を進めることと、布マスクの全国配布をやめることはまったく矛盾しない。求めているのは、限られたリソースを最大限有効に使ってほしいということ、そして国民からどう見られるかではなく、この国に住む一人ひとりを幸福にするためにはどうすればいいのか、そのことを第一に考えてほしいというだけのことなのだ。

*1:実際は今後これをさらに上回る「極めつけ」が続く可能性も大いにあるが。

*2:ちなみにこれは消費税の税率変更でも同様。消費税減税を訴えている人がいるが、そんなことが行われたらその変更に対応必須の民間企業の経済活動がまた膨大にストップする羽目になるし、その補償も成されない。ただ損害を被るだけだ。消費税減税を訴える人にはこれが見えていない。

台所の排水口が完全に詰まってから解消するまでの話

いま住んでいる家はけっこう古いので、台所の排水口は放っておくと汚くなりがち。ということで、大体3〜4週間に1回ぐらいのペースで定期的にカバーを外して深めのところまで掃除している。

先日の土曜日、たまたま掃除に使える時間が普段よりも長くとれたので、よっしゃ〜という感じでいつもはあまり手を入れないような場所までワッシャワッシャ洗っていたら、ヘドロみたいなものがわわーっと出てきて、うえーと思ってそれをどんどん流していたら、たぶんその所業が悪かったのだと思うけど、排水口が詰まった。

最初は、「あれ、なんか水の流れが悪くなった・・?」とか「せっかく掃除したのに、前より流れないなんて理不尽!」程度に軽く思っていたんだけど、その後は水を流すほどに流れる速度が遅くなり、ついにはまるで排水口に栓をしたかのようにピタッと流れが止まり、そのままシンクが湖のようになってしまった。

この段階でようやく、「うわ、やべ・・」と問題の深刻さに気づいたのだけど、時間はすでに午後7時とか。まだ夕食の支度なども全然しておらず、こんな状態じゃ調理はおろか野菜を洗うことすらできない、というか、何もできない! と思い、かつ「これってあれですか、業者さんとか呼ぶやつですか」と思い、しかし土曜の午後7時過ぎってそんなにサッと来てもらえるような時間でもないだろうし、そもそもこれから業者探して連絡して価格確認して・・とかやるなんてすでに長時間掃除してヘトヘトなのでまず無理・・ってかなり落ちたんだけど、とりあえずやれることと言ったら検索、検索。

で、いろいろ出てきた中でもとくに参考になったのがこちらで。

suidoukonsheruju.com

いくつか方法が示されているけど、今回の状況に一番近かったのは4番のラバーカップ。最初は、家にはこれが常備されていなかったので4-1番のタオルの方法を使おうかと思ったんだけど、こちらのシンクはすでに湖状態でその方法とは少し前提状況が違いそうだったのと、その後に排水口でのラバーカップの使い方を解説している以下の動画を見つけて、

www.youtube.com

詰まってる段階での様子がこれに近かったので、やはりこれに賭けるしかないか、と思ってひとまず近所のドラッグストアに行ってみたら1個だけ売っていたのがこれで。

幸い、事前に測っておいた排水口の直径にもフィットしそうで、値段も税込み1,300円程度だったので即購入*1。とはいえ、この時点ではこれが成功する保証もまったくないので、安いのか高いのかも判断できないまま藁にもすがる思い(←ほんとにこの喩えがピッタリの心境)で抱えて帰ってすぐお試し。

すると、上の動画ではずーっとシュポシュポ動かしてるけど、こちらは口の部分を嵌めてみた段階で思った以上にフィットして、そのまま大きく2回ぐらい押し引きしたらものすごい手応えと音がして、「これ以上やったらなんか逆にまずいかも・・」と思ったのでおそるおそる外したら、ウワーッて一気に流れていって即解決。

このときの脱力感。ホッとしたことと言ったら・・ほんとに何年ぶりかと思うぐらいの脱力感で、いや疲れましたね・・
とにかく、そういったわけで最初の詳しいネット記事と、その下の動画の作者さんにはどちらも心から感謝します。ありがとうございました。

もし業者さんを呼ぶことになっていたら、まずは信頼できそうな業者さんを検索・検証・判断して、それからコンタクトを取って、果たしてそういう場合の予約っていつ頃になるのかわからないけど、まあ当日中は無理だったかもしれないし、かといって翌日になっても日曜がまるまる潰れるし、場合によっては月曜以降に持ち越して会社も有給取らなきゃいけなかったかもしれないし、さらにはもちろんそれなりの出費になっただろうし、とにかくメチャメチャ大変だったわけで、それがこのラバーカップ(1,300円)たった1つで、それも2回押し込んだだけですべて解決したので、この器具まじすごい!と思いましたね。

今までの人生でラバーカップを使ったことなんて、ましてやそれに助けられたことなんて(たぶん)一度もなかったけど、まったくその価値をわかってなかった。すごすぎ、できる子すぎ。一家に1本・・はもしかしたらなくてもいいのかもしれないけど、でもあったら安心だとは思います。

余談: やらないほうがいいこと

上では話の流れ上、一旦カットしましたが、じつは完全に詰まってしまう前、「なんか、かえって流れが悪くなってるな・・」とか思い始めた段階で排水口の細い管を覗き込んで、その中に詰まり始めていた(ように見えた)ヘドロを、割り箸をつなげて引っかき出そうと何度か試みていました。

でもこれ、後から思うとかなり危険な方法で、もしこのときにうっかりその割り箸を管の中に落としていたら、それこそ業者さんが来るまで解決しなかったはず。上記の記事でも「固形物は厄介」みたいなことが書いてありますが(最悪床を剥がして工事とか)、でも焦ってるときって、とにかく何もかもが雑になっちゃうんですよね。早く事態を進めたい、何か違う結果を見たい、という感じで。この時も頭の中では「これ危ないなあ〜」って理解はしてたんだけど、ついつい気が済むまで(というか諦めがつくまで)やってしまいました。

あと、上の記事では前半でパイプユニッシュや薬剤を使った方法を紹介していますが、以前に定期点検で来てくれた水道業者さんに排水口の掃除法について聞いたときは(そういうのよく聞く)、薬剤は使い方や量を間違えると管の中でドロドロに固まって逆に詰まりの原因になったり(そうなるとプロでも掃除が大変らしい)、薬剤の刺激で管を傷めてしまったりすることもあるのでお勧めしない、それよりはマメに掃除した方が確実ですよ、みたいなことを教えてもらったので、もし薬剤を使う場合にはけっこう技術や知識が必要かなと思います。
ただその記事の方では、細かい注意書きと合わせて詳しく紹介しているので、その辺に気をつければ大丈夫なのかもしれないですが。

ということで、そのときには他の人が書いたりアップしたりしてくれたりしたWeb記事・動画に助けてもらったので(ほんとに)今度はPay It Forwardということで、自分の体験をまとめておきました。もし突然排水口が詰まって、誰にも相談できず途方に暮れたら、焦らずこれらを参考にしてもらえたらと思います。

*1:リンク先のAmazonだとマーケットプレイスで1,000円弱だけど。