読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

103

2016-08-24 Wed: 酒を飲んだら投稿免除

  • 寝る前にその日起こったこと、およびその瞬間に思い浮かべたこと、あるいは事前に「これについて書きたいと思っていたけどまだ書いてなかった気がするな」と思ったことなどをとくに計画性もなく書きはじめて、3日目。
  • 夜は大抵9時を過ぎると酒を飲みはじめているので、多少は醒めているとしても深夜に書いたそれをそのまま投稿したら「酔っぱらいの放言」になる可能性が高い。
  • だから翌朝、見直してヘンなところはあれこれ書き換えて、しかしやり過ぎると仕事になってしまうので(本業も文章の編集だから)無償のそれにあまり時間を使わないよう2、3周見たらパッと公開する。
  • 今日(8/24)のトータル作業時間は5時間2分だった。昨日は5時間12分だったので、まあほぼ同じ。
  • そのうち、事前に想定していなかった、他メンバーからの働きかけによる割込みタスクは27分だった。割合で言うと全体の9%で、これはかなり低い。
  • 逆にというか、元々予定していたメイン的なタスクをあまり出来なかったので、それもやっていたら6時間前後の作業になっただろうか。しかしこのところはちょっとペースダウンぎみなので、無理せず徐々に調子を戻したい。
  • 上で「酔っ払ってブログを書くこと」について少し書いたが、以前にもこのようなことを書いた。

note103.hatenablog.com
note103.hatenablog.com

  • 「投稿してはいけない」という禁止ふうの言い方になっているのだけど、最近はちょっと考え方というか表現の仕方が変わって、

酒を飲んだら、もう投稿しなくていい

  • というほうが実感に近いかなと思っている。
  • 酒を飲んだことにより投稿する権利を失う・剥奪される、みたいなことではなく、むしろ「投稿しなくていい権利」を得た・与えられた、ぐらいに考えるのが適しているのではないかと思っている。
  • とくにこれを言いたい相手はぼくの知り合いの若いエンジニアの人たちである。彼らは夜10時や11時を過ぎてもあまり気にせず投稿しているようで、飲み屋からツイートしている人も少なくないのだが、自分を過信していると思う。
  • その気持ちは嫌というほどよくわかるが、投稿した先は空間も時間も制限されていない森羅万象・全世界であることを理解してほしい、とも思ってしまう。
  • ただ一方で、ぼく自身は39才ぐらいまで平気で酔っぱらって投稿をしていたので、偉そうなことはまったく言えない。むしろみんな39才ぐらいまで好きにやったらいい、と言わざるをえない。(いま41です)
  • 言わざるをえないのだけど、でもやっぱり「酒を飲んだら投稿しない」を始めたらとても気がラクになったので、どうしても勧めたい気持ちを押さえられないというのもある。
  • 気ラクというのは、第一に翌朝、「あー昨日あんなこと考えていたけど1文字たりとも他人に知られなくてよかった!」という安堵感であり、第二にその夜の段階から「ああ、もう俺は世界に向けて発信しなくてもよいのか(なぜならすでに酒を飲んでしまっているから)」という、ある種の解放感でもある。
  • そういえば上記前者のブログ記事を書いたとき、はまちちゃんさんにブクマされてけっこう拡散されたのだけど、そのときにあった反応のひとつに「(酔っぱらい投稿をやめた)きっかけがないとか言ってるけど、本当はなんか失敗したんだろうな〜」というものがあって、「いやいや、ほんとにとくにきっかけとかナイんですけど・・」と思ったのだけど。
  • 後から思うと、直接的なきっかけはないとしても、やっぱり「もうこういうの嫌だなあ〜・・」というジリジリするような後悔はたしかに山のように味わっていて、そういうのから遠く離れたかったというのは間違いのないところだと最近気づいた。

2016-08-23: シームレスに仕事を始めない・所属する組織とは関係のないツイート

  • 今日は随分作業をしたはずだが、計測するとトータルで5時間をちょっと超えるぐらい。休憩時間を厳密に外しているので、けっして少ない時間ではないが、普段は7時間を超えることもあるし、そういう場合に比べても変わらないか、それ以上ぐらいに疲れているのでなんだか奇妙だ。普段と比べて他のことを多くやっていたわけでもないし。
  • 厳密に作業時間を記録し始めたのは先月の末なので、もうすぐひと月になる。Googleスプレッドシートを使っている。
  • それと同時に始めたのが、「これからやる作業を宣言してから、それをやる」という習慣である。だからそれを始めてからもほぼひと月になる。
  • Twitterにも書いたことだが、これってテストファーストに似ていると感じる。コードを書く前にテストを書く。作業を始める前に「これから何をやるか」を宣言する。
  • シームレスに「休憩時間」から「作業時間」へ移動しないようにする。それをやってしまうと、結局「思いついた順」に作業をすることになる。行き当たりばったりの、無計画な作業をすることになる。
  • 無計画な作業がプロジェクトに何をもたらすか。もちろん、作業の遅れであり、リスケであり、デスマーチである。
  • 人はなぜ適切な見積もりを行えないのか? なぜ計画したとおりに作業を進行できないのか? その理由は大きく二つあると思う。
  • 一つは、そもそも人に未来は見通せない。過去をもとにいくらかなりの確率で予測することは可能だが、そのまま当たることはない。
  • 第二に、人は計画したとおりに行動しない。具体的に言えば、計画したことをやる前に(あるいはその代わりに)別のことをやってしまう。だから元々やるはずだったことがどんどん後回しになる。となれば、計画通りにことが動くはずもない。
  • なぜ人間はそんなふうに生きてしまうのだろう? わからない。それでも何とかなってしまう程度にはすでに恵まれているからかもしれない。
  • 計画通りにことを行わない人は、そんなことをしたらどうなるのか、想像していない。だから、頭に思い浮かんだ順に行動してしまう。それがつまり、「シームレスに作業を始めてしまう」ということだ。
  • 毎回作業をする前に、これから何をやるかいちいち宣言するなんてあり得ない、そんなことやっていたら作業が遅れてしまう、と思う人もいるかもしれない。
  • たしかにそれがそぐわないケースもあるだろう。しかしこんな場合はどうだろうか。
  • 100キロ離れた場所へ行くために車を出そうと思ったら、ガソリンが足りないことがわかった。じゃあスタンドに寄って給油してから行こう、と言ったら、「そんな時間はない。もう歩いていくから車なんていらない」と、給油する時間を惜しんで徒歩で出発してしまう。そんな無謀で無計画なことが、現実のプロジェクトでも起こりがちではないだろうか。
  • ぼくは自分をかなりせっかちな性格だと思っているが、その性格のまま動いたら大変な損をすることになるとも思っている。すぐに徒歩で向かいたいところだが、給油の遠回りをしてでも車で移動したほうがいい場合には、そうしたい。
  • 以前から不思議に思っていたが、よくTwitterなどで「私のつぶやきは個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません」みたいなことをプロフィールに書いている人がいるが、あれって何か意味があるのだろうか。
  • そういう記述をしている人が悪い、ということではなく(友人や尊敬する人にも書いている人は多い)、ただ思うのは、そんなことを書いたところでその人がその組織に所属している以上、その人とその組織とを結びつける人はいるのであって、それをそんなラフな一文で否定できるはずがない、ということだ。
  • 「私がそう書いたのだからそうなのだ」と言うのは自由だが、「お前が思うならそうなんだろう、お前の中ではな」と言われて終わってしまうぐらいには頼りない論理である。
  • いかに個人として発言している自覚であっても、A社に属しているのであれば周りはA社のその人だと見る。本人がそれをいくら否定したところでまったく意味がない。問題は本人がどう思うかではなく、まわりがどう感じてしまうのか、ということだからだ。
  • ただし、有効性をまったく見いだせない、ということではない。そもそも誰がどのような組織に属しているのか、ということを気にするような人は、そうした一文を見て「ああ、所属する組織とは関係ないのか。じゃあいいか」と思うような人でもあるのかもしれない。
  • あるいは所属先の会社から、そのような一文を付するよう言われているということもあるかもしれない。
  • しかしそうした要素とは別に、「それって意味あるのかなあ」とはよく思う。

今日のできごとを翌日に書くテスト: ブログの更新について・簿記

  • どうも最近はブログを書くのがおっくうである。Twitterにはそこそこ投稿しているが、あれはやはり投稿のしやすさが大きいのだろう。文字制限の良さもあるとは言えるが、何よりMacクライアントで数秒で投稿できてしまう、というのが大きい気がする。ぼくはショートカットを設定して、オプション+シフト+スペースキー同時押しで投稿欄が出てくるようにしている。
  • 日々考えていることはいろいろあるが、わざわざブログの編集画面を開いて書こう、とまで思うほどのことでもない。だから書かなくなる。それはそれで問題ない。べつに誰も困らない。
  • 逆にというか、これはブログに書いておきたい、ということも時々は出てくる。最近書いたのはこの辺。

note103.hateblo.jp
note103.hateblo.jp

  • しかし、これらを書くのは大変だった。記事1本につきドラフトだけで1時間半〜2時間。その後、公開するまで及び公開してからもそれぞれなんだかんだで数時間かけていると思う。
  • いつもそうなのだが、一回最後まで書いてからも何周も読み返しながら直している。しかしまったく、なんでそんなことしているのだろう? 自分。不明である。
  • 「不明である」といいながら、実際にはまったく不明ということでもなく、結局自分の存在証明のために、ということなのだとは思う。
  • Twitterでいろいろ書いてもそれに近い何かを得られるのだけど、やはり見返りが薄いというか、小さな投資からは小さな恵みしか得られない、ローリスク・ローリターンな感じがある。
  • 時間をかけて、「今自分が何を考えているのか」ということを煮詰めて書いてみると、それまで簡単には手に入らなかった自分の中の「核」みたいなものが手のひらに残り、それを他人に「ハイ」と渡せるようになる。
  • それはいつも僕の中にあった、僕そのものなのだが、しかし普段は外に取り出せない「何か」なのだ。
  • その「何か」を取り出すことにはやはり意味があって、それは砂の山からわずかな砂金を抽出し、それをさらに醸成して金のカタマリを生み出すことに似ている。
  • とはいえ、まったくの無償でやるのはやはり大変で、何しろ通常の業務だって毎日何やかやとあるところ、休み時間を削ってそういうことをやるのってどうなのか、不明とは言い切れないがやはり不思議という感じはある。
  • そういえば、おとといぐらいから簿記の勉強をじわじわ再開しはじめている。再開というより、まだ再開の準備、という程度のことだが。
  • 昨年の4月から勉強を始めて6月に3級に合格し、その後11月と今年の2月にそれぞれ2級の検定で落ちてしまった、その簿記である。
  • ちなみに11月のほうは38点、今年2月のほうは60点だった。合格基準点は70点なので、後者は惜しいと言えば惜しい。しかし後悔できるほどの惜しさでもない。明らかに届いていない。
  • ただ、もし第3問に精算表の問題が出ていれば、うかっていたのではないか、とも思わずにはいられない。そのぐらい精算表には自信があったから。
  • なんとなく、意味や内容はなくても日記をコンスタントに書きたいなあ、という気持ちに少しなってきたのでその取っ掛かりのようにバラバラと書いてみた。