103

横断歩道にはたらく力

ひと気のない道を歩いていたら、横断歩道の赤信号につかまった。

右を見ても左を見ても、車がやってくる気配はない。

そのようなとき、普段ならサラサラっと渡ってしまうところだが、その日は渡ることができなかった。

体が金縛りにあったように、あるいは横断歩道に斥力がはたらいているかのように、足を踏み出すことができない。

通りの向こうに人が一人、信号が変わるのを待っていたからだ。

その人はこれまでに会ったこともなければ、おそらく今後も二度と会わないであろう人だった。
ようするに、赤の他人。

だから本来、その人がいるからといって渡れない、なんていうのはおかしなことのように思えるのだけど、やはり実際のところ、「その人に見られているから渡れない」。

いや厳密には、その人が見ているのはぼくではなくて、ぼくの頭上にある歩行者用信号であるはずだ。
少なくとも、その人がぼくに「渡るな」と言っているわけではないし、そう思ってもいないだろう。

にもかかわらず、なぜぼくは信号を渡れないのか。

不思議な力がはたらいている、とそのときに感じる。
この横断歩道には、何か目に見えない力がはたらいている。

あるいはそこには、何かが降りている。天使のような、精霊のような何かが……。それがぼくらに対して(もはや対岸のその人をも巻き込んで)、赤信号を渡らせないようにしているのだ。

いやそんな、オカルトチックなことを言うのはやめよう。
そうではなく、もっと現実的な、具体的で、事実にもとづいたことを言いたいのだ。

なぜ渡れないのか? ともう一度考えたい。

もしもぼくが赤信号を無視して渡ったら、対岸のその人は、ぼくに対して悪感情を抱き、場合によっては暴力を振るってくるかもしれない、という妄想をぼくはうっすら持っている。

もちろん実際には、そんなことをする人はいないだろう。
しかし、そういうことが起きてもおかしくない、と想像してしまう。

その想像を誘発するものは何か?

そのヒントは、以前にこのブログで書いた以下の記事にあるように思える。

note103.hatenablog.com

人はなぜ怒りを感じるのか? という疑問に対し、アンガーマネジメントの専門家はこのように言っている。

私たちが怒る理由というのは、ごく簡単に言えば自分が信じてる「○○すべき」という価値観が目の前で裏切られた瞬間なんです。

おそらくぼくが想像してしまうのは、このような理由によって、「信号を無視するやつに怒りを感じる」ような人なのだ。

しかし果たして、「信号を守るべき」(車が来ないとわかりきっていても尚)という価値観を深く信じる人というのは本当にいるのだろうか?

まあ、いるだろう。

では、なぜいるのだろうか? あるいはなぜ、いると思えるのだろうか?

それは、そう教えられるからだ。少なくともぼくが子供の頃にはそう教わったし、今も多くの子供がそう教わっているだろう。

実際、子供は近づいてくる車の速度と、自分が横断歩道を渡りきるまでの時間とを正しく比較することができないだろう。(これは高齢者も同様かもしれないが)

そうであるなら、子供はやはり一律に信号を守るべきだ。

しかし同時に、その後の成長していく間に「まあ、あれは子供のときの話だ。大人になるにつれて、その辺のことは自分で判断するようにすればいいんだ」なんて、わざわざ教えてくれる人がいるとはかぎらない。
子供の頃に教えられたことを、ずっと信じて疑わない人もいるかもしれない。

その人はきっと、「信号を守るべき」という自分の価値観を目の前で否定されたら、怒りを感じるだろう。そう思わずにいられない。

さらに言えば、現実はもっと複雑でもある。

たとえばぼくは、信号をつねに守るべきだとは思っていない。ケースバイケースだと思っている。
しかし、対岸の人は、狂信的な「赤信号待機主義者」かもしれない。となれば、待っているのが得策である。

一方、じつは対岸の人も同じことを考えている可能性がある。その人もべつに信号をつねに守るべきだとは思っていない。ケースバイケースだと思っている。
しかし、その人はぼくのことをまったく知らないし、たぶん今後も二度と会わないぐらい無縁の人だから、ぼくのことを「狂信的な赤信号待機主義者かもしれない」と思っているかもしれない。

もしそうだったら、ぼくらはどちらもその信号を守るべきだとは思っていないのに、お互いの気持ちを忖度することで貴重な時間をつぶしてしまっていることになる。

不幸だ。

ちなみに、対岸にいるのがもし子供だったら、ぼくは進んで待つだろう。子供に示してやるのだ、「赤信号ではけっして横断歩道を渡ってはいけない」と。

そうしてその子もまた、狂信的な赤信号待機主義者になっていくのだ。

客観的な視点を共有する

A地区に住む人々は地区の外へ一歩でも出たら体が溶けてしまう。

あるとき、A地区の住民とB地区の住民が一緒にハイキングをすることになり、目的地であるA地区の丘まで皆で歩いていたら、A地区の住民であるXが急に腹を押さえて、トイレに行きたいと言い出した。

幸い、そこから数十メートル離れたところにコンビニがあり、それを見つけたB地区民のYが「コンビニがあるから、あそこに行こう」とXの手を引いて連れていこうとしたら、A地区民のZがそれを止めて、「行ってはいけないんだ。あそこはC地区だから」と言った。

Zはそこから数百メートル離れたA地区内の公園にトイレがあることを知っていたから、そこへ行けばいいとXを送り出した。

YはA地区民の体の問題を知らないはずはなかったが、自分の提案が目の前で却下されたことに加え、以前に「A地区とC地区の住民は対立している」という噂を聞いたことがあったから、頭に血が上って「そんなくだらないことにこだわってる場合か!」と憤りを覚えた。

Zとしてはもちろん、トイレに行きたいぐらいのことでXの体が溶けたら困るからそれを阻止したわけだが、Yはそのことに思い至らないまま、Zを愚かな人間だと思っている。

これは極端な例だが、現実の世界にはこれのもっと微妙なバリエーションというのが無限に近く存在している。

そのような場合に必要なのは、客観的な視点を共有することだろう。

ZはYよりも客観的な視点を持っていたから、仲間の体が溶けることを止められたけど、Yに見えていたのは苦しそうなXと、目の前のコンビニだけだった。

Zが(あるいは状況を理解している他の誰かが)Yに助言してあげられればいいのかもしれないが、「全体を見る」とか「客観的な視点を得る」みたいなことを他人から教えてもらう、なんていうことがどれだけ可能なのかはわからない。

ある種の行為を完遂するためには、客観性を捨て、地べたを這い回るように集中的にそれをしなければならないこともあるが、それだけの集中力と労力をかけてやったことが無駄にならないかどうか、言い換えれば「正しい方向に向けて行われているかどうか」を知るには、やはり客観的な視点が必要になる。

それは高い場所にのぼって、町全体を見下ろしながら、町のどこに何があるのかを把握することに近い。
そのようなときに、仲間も同じ高さまで来てくれれば話をしやすくなる。

  • 一番近いトイレはあのコンビニにある。
  • でもあれは地区外だ。
  • じゃあ公園に行くのがいい。

みたいなことを、その見晴らしのよい場所から指をさしながら確認していけると効率がいい。

2017年11月の音楽

ここ数ヶ月、よく聴いた音楽を記録しておく。

まずはアウスゲイルのLeyndarmál。なんと読むのかはわからないが・・。

www.youtube.com

最初に知ってからしばらく経つけど、時々むしょうに聴きたくなる。見事な曲。

それからChet Fakerの1998。

www.youtube.com

ふざけた名前だけど曲はすごい。何度も聴いた。

なつかしい感じ。大学のとき、こういうのが好きだった。
途中から入ってくるBanksという女性ボーカルも良い感じ。

同じChet Fakerのこれもいい。ブラックストリートのNo diggity のカバー。

www.youtube.com

それから何と言っても、Homeshake。
この夏から秋にかけて、一番の衝撃を受けた。

曲はどれもいいんだけど、最初にビデオクリップを見てひっくり返ったのがこれ。

www.youtube.com

で、「へえ・・」と思ってそのままいろいろ見たらこれも良かった。

www.youtube.com

これも大学生っぽい。よくよく考えると、ぼくの好きな音楽っていうのはだいたい大学のときの趣味で止まってる。

同じくHomeshakeのGive it to me。
とくに9〜10月頃はずっと彼らのアルバム及びその関連アーティストをひたすらSpotifyで聴いていた。

www.youtube.com

それから、たしかその関連アーティストという流れで知ったと思うのだけど、現在一番リピートしてるアーティストと言ったらこれかも。SALES。

www.youtube.com

Spotifyでこれが入ってるアルバムをずっと聴いてる。すごい。超すごい。何これ。

ライブセッションもある。けっこう長い。

youtu.be

上のChet Fakerでひとつ紹介し忘れていた。このビデオクリップも面白い。

www.youtube.com

最後に、NAO という人のDYWMという曲。

www.youtube.com

これもSpotifyで知ったのかな。引き込まれる。

いずれも個人的には「今」の音楽という感じ。単に演者が若いだけかもしれないけれど。
しかしまあ、それでいいのか、という気もする。新しい様式である必要はない。
新しい人が音楽を作ればそれは今の音楽になり、そのうちのいくつかが結果的に新しい音楽になる、というだけのことかもしれない。

SALES LP [Explicit]

SALES LP [Explicit]

Fresh Air

Fresh Air

ミッドナイト・スナック [歌詞・対訳・解説付き / 国内盤]

ミッドナイト・スナック [歌詞・対訳・解説付き / 国内盤]

In the Shower

In the Shower

1998

1998

FOR ALL WE KNOW

FOR ALL WE KNOW

In the Silence

In the Silence