読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

103

Pocketのプレミアムサービス無料チケットを使わなかった

Pocketのプレミアムサービスを1ヶ月間無料で使える、というトライアルチケットのようなものが来たので、へえ試してみようかなと思ったけど、ログインしてクーポンコードを入れてみてもそのまま使えるということではなく、クレジットカードの情報を登録したら使えるよ! という流れだったのでやめた。

クレジットカードの情報を登録させることが一番の目的であったならそれで良かったろうけど、プレミアムサービスをとにかく体験してもらう(そして中毒になってもらって契約に至る)、ということが目的だったならズレというかブレがある。

「プレミアムサービスを体験してもらう」という事と、「クレジットカードを登録させる」という事は、近くはあるが別々の目的であり、それらを同時に達成しようとして、一人の潜在ユーザー(というか僕)を逃してしまった。

便利な有料サービスに登録しないのは、それがどんな体験をもたらすものであるかを知らないから、という可能性があるはずで、その対策として無料チケットを発行するのは良い方法だと思う。

もし体験してみて、「こりゃいいな」と思った人は、その時点ですでに「有料でもいいからもうしばらく使ってみよう」という決断に近づいているし、そうなればクレジットカードの情報を入れるために多少の手間が生じても、とくに苦だとは思わないだろう。

しかし、「こりゃいいな」と思う前の人には、そうした登録の手間は何倍も面倒なものに感じられるに違いない。

Pocketは良いサービスで、チームを応援したい気持ちも少なくないけど、自分の時間や手間はそれ以上に大切なもので、それを費やさせるほどのシンパシーでもない。

集中と選択とはよく言うけれど、ここはカード情報なしに「とりあえず体験させる」を選択しても良かったのではないか。