読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

103

連載:「編集者が選ぶ本フェア@ジュンク堂書店池袋店」紹介(5)〜トークイベントの模様がYouTubeで公開されました!〜

このところはプログラミング的な話題が多かったですが、今回は編集の話です。
といっても実際の業務に関わることではないですが・・

昨日か一昨日、または一昨昨日ぐらいですが、先月半ば(8/15)にジュンク堂池袋本店(ちなみに大阪店も本店らしい)で行われました、私も参加させて頂きましたトークイベントの模様が動画で公開されました!

(向かって左からアルテスパブリッシングの代表・鈴木さん、メディア総合研究所大久保さん、そして右端が私です)

いやあ・・Twitterにも書きましたが、同店スタッフの松ちゃんが前日だか当日だかに(前日かな)急に「Ustやってもいいですか?」と聞いてきたので「Ust? オッケーオッケー!」と答えたのですが、どこで放送されたとも言われず反響も聞かれず、何だったんだあのビデオカメラ・・(会場の真ん中で我々を撮影していたそれ)と思っていたらYouTubeじゃん!(笑)

しかも、なんだったらニコニコ動画にもUPされていたそうで・・
http://www.nicovideo.jp/watch/1378381777
このニコ動に至っては松ちゃんからも何も聞いてないですからね・・いや、全然いいのですが。

ええと話を戻すと、この動画は80分ぐらいあるんですよね。長い!(笑) 誰が見てくださるんでしょうか・・
でもまあ、ぼくはけっこう遠慮してしゃべっていたので、発言してる時間じたいはそんなに長くないと思うんですけど(一瞬しゃべろうとして、でも言葉をのみこんで鼻の頭をポリポリかく、とかのシーンが散見されるんじゃないかと思いますが)(再生してないのでわかりませんが)、
そのわりに、これ前にも書いたかもしれないですが、「この話できたらいいなー」ということはけっこう言えたかなと思うので、興味ある人は探して見てみてください。どういう経緯で今の仕事についたか、とかscholaで最初の巻から何を大事にしてきたか、とかについてある程度まとまって説明したのは初めてかも(これでもいろいろ端折ってるけど)。

あと、それに関連した大きなニュースとして、このイベントをやる元になった選書フェアについて、以下に関連エントリーをいくつか書いていますが(まだ途中ですが)
1) http://d.hatena.ne.jp/note103/20130725/1374721929
2) http://d.hatena.ne.jp/note103/20130804/1375584862
3) http://d.hatena.ne.jp/note103/20130808/1375946403
4) http://d.hatena.ne.jp/note103/20130816/1376665778

このフェアが本当は9/10までだったのが、ご好評につき今月末まで延長、となりました。やった!

何しろ社交辞令かどうかわからないですが、上で私が何度も松ちゃん呼ばわりしています今回の担当スタッフさんは新宿ジュンク堂時代からの少なからぬキャリア&実績を持っている人ですけど、彼女にして「ここまでたくさんのお客様に見ていただくのは初めてでした」とのことで、こうして文章にしてみると本当にウソにしか見えないのですが、いずれにしてもありがたいことですし、松ちゃんよかったねと思っています。

ちなみに、一緒にフェアに参加&上記の動画でも共演してくれています大久保さんのブログによれば、
http://www.noiznoiznoiz.com/mt/archives/2013/09/6_2.html

大久保さんの選書からは「Trash-Up」最新号と秋田昌美さんの『スカム・カルチャー』がよく売れてるっていう、それだけ聞いても何のことだかまったくわからない状況ですが(笑)、松ちゃんからのメールによるとぼくの選書からは宮沢章夫さんの文庫『彼岸からの言葉』が「もう何回転したかわかりません!」だそうです。
こちらも「回転」の意味はよくわかりませんが、たぶん売れているということでしょうね。(実際、オススメです)

彼岸からの言葉 (新潮文庫)

彼岸からの言葉 (新潮文庫)

上記の過去連載4回分では、選書に入りきれなかった本を中心に紹介していますが、開催期間があと半月ほどということもありますので、ぼくが選書して実際に並んでいる本、および他の選者の方の選書やコメントなども紹介していければいいかなあ時間があれば、と思っています。

とにかくこれだけの意味のわからない選書群がひとつの場所に集まってるなんて、Amazonでもまじ無理、というかネットで取り寄せもできるかもしれないけどそんなの大変すぎるので行けるひとはぜひ行って直接体験してみてください池袋!
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/store_detail.php?store_id=1