読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

103

吉祥寺の書店「百年」さんが仏革の話をしてくれてる

大谷能生さんは対談集「フランス革命」を読んでから、いつかきっと百年にもお呼びしたいと思っていた方。「フランス革命」は対話のスリルが存分に感じられる素晴しい本だった。イベントではお二人のそれぞれの活動を出発点にして、どのような軌跡を辿り交差するのかということも聞ける場になるかもしれない。開催は12月だけれど早くも楽しみ。

http://www.100hyakunen.com/pr/fuukei/20111022580.html

仏革はだいたい1年に1つか2つぐらいブログ記事として上がるか上がらないか、ぐらいの評判なんだけど、そのひとつひとつが読者の手のひらにヒタっと着くように言われているので作れてよかったかなと思っているし、締め切りをオーバーしつつもデザイン事務所に泊まりこみ可能なかぎり手を抜かず入稿直前まで校正しつづけたそのときがあったから、今このときもそういう作業を継続できているのだろうと思ってる。

当のイベントは12/23。申し込み開始は11月後半とのことですが、ぜひチェックしてみてください。
http://www.100hyakunen.com/events/talk/20111020579.html


大谷能生のフランス革命

大谷能生のフランス革命