103

 右上画像は、このところよく聴いているジェイムス・イハ。さわやかで中毒性があるという点でエリオット・スミスを思い出します。